カテゴリー ‘ その他

【CakePHP】ViewでJavaScriptを直接記述するには(記述した場所に出力する)

バージョン:CakePHP 2.x

こちらでhead内にJavaScriptを出力させる方法を書きましたが、
コードを書いたその場所に出力させる方法についてです。

続きを読む

【CakePHP】Pagination(ページネーション)を使用する:numbers

バージョン:CakePHP 2.x

Pagination(ページネーション)を使用して「 1 | 2 | 3 | 4 」といったリンクを作成する場合は、
numbersを使えば簡単に実現することができます。

続きを読む

【CakePHP】jqueryを使う

バージョン:CakePHP 2.x

CakePHPでjqueryを使う方法についてです。
jqueryを使う場合は、
•ファイルをダウンロードして使用する方法
•外部リンクで読み込む方法
があるかと思います。

続きを読む

【CakePHP】通知メッセージ(setFlash)の使い方

バージョン:CakePHP 2.x

CakePHPで1回限りの通知を表示したい場合は、setFlashを使用します。
setFlashはメッセージを出力した際に削除されるので、登録や更新処理などで1回だけメッセージを出力する際に便利です。

続きを読む

【CakePHP】setFlashのオプションについて

バージョン:CakePHP 2.x

setFlashのオプションは下記になります。
オプションを指定することによって複数のメッセージを出力したり、見た目を変えることができます。

続きを読む

【CakePHP】ViewでJavaScriptを直接記述するには(headに出力する)

バージョン:CakePHP 2.x

ViewでJavaScriptのファイルを読み込むのではなく、
コードを直接書く場合は「scriptStart」や「scriptBlock」を使用します。

続きを読む

【CakePHP】DebugKitを使用する

バージョン:CakePHP 2.x

DebugKitはCakePHPを開発する時に便利なプラグインなので、導入したほうが良いかと思います。
CakePHPのインストールした時にも、下記メッセージが表示されますがDebugKitは標準ではインストールされていません。

続きを読む

【CakePHP】レイアウト(Layouts)の使い方

バージョン:CakePHP 2.x

レイアウトにはヘッダーやフッターなど、全てのビューで表示される部分を記述していきます。
デフォルトのレイアウトファイルは下記になります。

続きを読む

【CakePHP】プレフィックスルーティングを使う

バージョン:CakePHP 2.x

管理画面をつくる時などに /admin/アクション名/…/ のようなURLでアクセスできるようにしたい場合があるかと思います。
色々と方法はあると思いますが、ここではプレフィックスルーティングを使った方法を試してみます。

続きを読む

【CakePHP】フォルダを分ける(階層を深くする)

バージョン:CakePHP 2.x

CakePHPを使って開発を進めていると、コントローラ、モデル、ビューのファイルが増えて
整理したくなると思います。
(例えば管理画面と一般画面で整理するなど)

続きを読む

return top