【CakePHP】findの使い方まとめ1

スポンサード リンク

バージョン:CakePHP 2.2.2

・基本
とりあえず「all」を指定しておけば、すべてのデータを取得することができます。

$this->モデル名->find('all');

・1件のみ取得
最初の1件だけを取得したいときは「first」を使います。

$this->モデル名->find('first');

・件数の取得
件数を取得したいときは「count」を使います。

$this->モデル名->find('count');

よく使うのはだいたいここまでかと思います。
その他は下記のような指定ができます。

・インデックス付きの配列を取得
「primaryKey」が配列キー、「displayField」が配列値の形でデータ取得を行います。

$this->モデル名->find('list');

詳しい使い方:【CakePHP】findの使い方(list)

・レコードの前後の値を取得
指定した条件の前後のデータを一緒に取得します。

$this->モデル名->find('neighbors');

詳しい使い方:【CakePHP】findの使い方(neighbors)

・入れ子になった配列の取得
ツリー構造でデータを取得できます。
parent_idフィールドがある場合に使います。

$this->モデル名->find('threaded');

詳しい使い方:【CakePHP】findの使い方(threaded)

・その他の細かい条件については下記
【CakePHP】findの使い方まとめ2

スポンサード リンク


return top