【CakePHP】Pagination(ページネーション)を使用する:基本

スポンサード リンク

バージョン:CakePHP 2.x

CakePHPで検索結果をページングやソートする処理を行う場合には、Pagination機能を使用すると楽に実装できます。

1.コントローラにページネーションの設定を追加する
 コントローラに1ページに表示する件数や、データの順序などを設定します。

public $paginate = array(
			'モデル名' => array(
				'limit' =>10,						//1ページ表示できるデータ数の設定
				'order' => array('id' => 'asc'),	//データを降順に並べる
			)
		);

2.ビューにデータを受け渡す
 $this->paginate()でViewにセットします。

$this->set('モデル名',$this->paginate());

3.ビューの表示
 prevで前の画面へのリンク、nextで次の画面へのリンクを設定します。
 numbersはページ番号が表示されます。

echo $this->Paginator->prev('< 前へ', array(), null, array('class' => 'prev disabled'));
echo $this->Paginator->numbers(array('separator' => ''));
echo $this->Paginator->next('次へ >', array(), null, array('class' => 'next disabled'));

<?php foreach ($Users as $row): ?>
	//データの表示
	<?php echo $row['row']['id']; ?>
	<?php echo $row['row']['last_name']; ?>
	<?php echo $row['row']['first_name']; ?>
<?php endforeach; ?>

こんな感じで簡単にページング処理が可能です。

▽まとめ

<?php
class TestController extends AppController {

	public $uses = array('Users');

	//Paginationの設定
	public $paginate = array(
				'Users' => array(
					'limit' =>10,						//1ページ表示できるデータ数の設定
					'order' => array('id' => 'asc'),	//データを降順に並べる
				)
			);

	function beforeFilter(){
		parent::beforeFilter();

	}

	function index(){
		//データをPaginatorへセット
		$this->set('Users',$this->paginate());
	}

}

スポンサード リンク


return top