【CakePHP】DebugKitを使用する

スポンサード リンク

バージョン:CakePHP 2.x

DebugKitはCakePHPを開発する時に便利なプラグインなので、導入したほうが良いかと思います。
CakePHPのインストールした時にも、下記メッセージが表示されますがDebugKitは標準ではインストールされていません。

DebugKit is not installed. It will help you inspect and debug different aspects of your application.
You can install it from GitHub

導入方法

1.GitHubのリポジトリからプラグインをダウンロードする
https://github.com/cakephp/debug_kit

2.解答して、DebugKitにリネームする。
debug_kit-master → DebugKit

3.プロジェクトの「app/plugin」にコピーする

4.DebugKitをロードする。
「/app/Config/bootstrap.php」に下記コードを追加する。

CakePlugin::load('DebugKit');

5.コンポーネントを読み込む。
「/app/Controller/AppController.php」に下記コードを追加する。

class AppController extends Controller {
	public $components = array('DebugKit.Toolbar');
}

補足

• どこかで「sql_dump」を使用している場合、DebugKitに表示されなくなるので、削除してください。
初期インストール状態では、「/app/View/Layouts/default.php」で使用しています。

<?php echo $this->element('sql_dump'); ?>

• デバッグの値が0だとDebugKitは表示されません。

Configure::write('debug', 0);

スポンサード リンク


return top