【CakePHP】Pagination(ページネーション)を使用する:ソートする

バージョン:CakePHP 2.x

$Paginationを使用している場合にソートを行いたい場合は、
Viewで「$this->Paginator->sort」を使います。

続きを読む

【CakePHP】Pagination(ページネーション)を使用する:counter

バージョン:CakePHP 2.x

ページネーションを使用していると、現在のページが何ページ目なのか、
全体のページ数が何ページなのかを出力したい場合があると思います。
そういったときは、Viewで「$this->paginator->counter」を使用します。

続きを読む

【CakePHP】Pagination(ページネーション)を使用する:検索を行う

バージョン:CakePHP 2.x

Pagination(ページネーション)を使用して、検索を行う方法についてです。
基本は下記になります。

続きを読む

【CakePHP】Pagination(ページネーション)を使用する:基本

バージョン:CakePHP 2.x

CakePHPで検索結果をページングやソートする処理を行う場合には、Pagination機能を使用すると楽に実装できます。

続きを読む

【CakePHP】saveについて(saveFieldとsaveMany)

バージョン:CakePHP 2.x

普段、saveAll()かSQLを直接書いてquery()を使っているけど、他にどんな保存方法があるか調べてみた。

続きを読む

【CakePHP】SQLサニタイズ 〜その2〜

バージョン:CakePHP 2.x

Sanitizeは「clean」が一番使用するメソッドだと思いますが、
他にも使用できるメソッドがあります。

続きを読む

【CakePHP】SQLサニタイズ 〜その1〜

バージョン:CakePHP 2.x

「Sanitize」はユーザから送信された不正なデータ(悪意があるデータ)などを無害化するためのクラスです。
ユーザから送られたデータについては、基本的には「Sanitize」を使用しておいた方が良いと思います。

続きを読む

【CakePHP】アソシエーションの一時的な解除(unbindModel)

バージョン:CakePHP 2.2.2

モデルで「belongsTo」や「hasMany」などを指定している場合に、
一時的にアソシエーションを解除する場合はunbindModelを使用します。

既にアソシエーションを定義している時に、取得するデータ量を減らしたい場合などに有効です。
続きを読む

【CakePHP】findの使い方まとめ1

バージョン:CakePHP 2.2.2

・基本
とりあえず「all」を指定しておけば、すべてのデータを取得することができます。

$this->モデル名->find('all');

続きを読む

【CakePHP】findの使い方まとめ2

バージョン:CakePHP 2.2.2

◆その他の条件
条件は「array」に纏めて記述します。
細かい条件は下記の通り。
続きを読む

return top